短期女性大学ra・si・cu

第3回講座 JAミニ講座&Herbarium Work shop

11月27日、短期女性大学ra・si・cu(ら・し・く)は第3回講座「JAミニ講座&Herbarium Work shop」を大仙市で開き、受講生9人が出席しました。冬の自動車事故を防ぐための備えを学んだほか、ハーバリウムづくりを行いました。

ミニ講座では事故相談課の担当者が講師を務め、車載品やスタッドレスタイヤの点検ポイントなどを説明しました。また、ハーバリウムづくりではatelierブーケViburnumの佐藤ゆみこさんが講師を務め、ガラス瓶にドライフラワーなどを詰めてオイルを注ぎ、瓶をラッピングしてオリジナルのハーバリウムが完成しました。(写真=オリジナルのハーバリウムをつくる受講生)

第2回講座 自宅でできるネイル&カラー講座

短期女性大学「ra・si・cu(ら・し・く)」は9月11日、第2回講座「自宅でできるネイル&カラー講座」を大仙市のトータルビューティーサロン「Wish w(ウィッシュ)」で開きました。代表の三浦マキさんが講師を務め、爪のセルフケアやセルフネイルカラーなどを学びました。

受講生9人が出席。三浦さんは「カラーなどの前にマッサージするとネイルの持ちが良くなります。爪やすりは爪に対し90度の角度で削り、45度の角度で整え、一方的に動かしてください」と述べました。受講生はセルフネイルのほかにも、互いにモデルとなり、右手を塗り合いました。(写真=互いにモデルとなりマニキュアを塗り合う受講生)

短期女性大学ra・si・cu開校式ならびに第1回講座「かんたん✿バラのアップルパイとティラミス講座」

rasicu20180709

7月5日、短期女性大学「ra・si・cu(ら・し・く)」が開校しました。対象は管内のJA組合員外・非農家を含めた若年層の女性。定員10人程度のコンパクトな講座で交流を図りながら、じっくりと講座に取り組んでもらい、各自のスキルアップやJA事業の理解、地域の活性化などへ繋げていきます。

同日、開校式と第1回講座となる料理講座を開き、受講生10人が出席。式では、学長を務めるJAの原喜孝組合長が「短期女性大学を開校できることを大変喜ばしく思います。楽しみながらJAの魅力をさらに知ってもらえる機会になるでしょう」と式辞を述べたほか、受講生の代表者に受講証と記念品が手渡されました。

料理講座では、バラをかたどったアップルパイとティラミスをつくりました。(写真=料理講座を楽しむ受講生)