神代じゃんご米あきたこまち

神代じゃんご米あきたこまち

jangomai-logo

特徴

神代じゃんご米あきたこまちは、仙北市神代地区で飼育している和牛を中心に、地域で生産された堆厩肥を、何回も切り返して混合された完熟堆肥を使用し栽培され、お米づくりの副産物である稲わらや籾殻は、和牛のエサや敷料として利用された後、再度堆肥として田んぼに返されるといった、地域循環型農業によって生み出されています。

「じゃんご」とは、秋田弁で田舎という意味です。神代地区は、山に囲まれ清流が流れる自然豊かな、まさに昔ながらの農村地帯です。そこで暮らす生産者の長年の土作りの努力によって生長した地力豊富な田んぼと、地域の豊かな環境を守りながら栽培された、どこか懐かしく、美味しいお米です。

美味しさの特徴

あきたこまちは、光沢や香りが優秀で、バランスが良くさっぱりとした味わい。いぶりがっこやお刺身、お寿司といった和食がオススメ。油切れが良いので、焼肉や中華料理との相性も良いです。炊きたてはもちろん、冷めても美味しく、お弁当やおにぎりとしてもオススメです。

さらに、神代じゃんご米あきたこまちは、しっかりとしたハリのある粒が口の中で存在感を示します。ほどよい粘りと甘み、香り高いのが特徴です。

栽培方法

神代じゃんご米あきたこまちは、田んぼに地元産堆肥を500kg以上投入し、土作りに励んでいます。使用する肥料はこの米のために生産者とJA、メーカーが一体となって作った専用肥料を使った減化学肥料栽培です。

農薬の使用成分回数は、当地慣行栽培の5割減(10成分以内)の減農薬栽培。

地域の自然を守り、活かしながら栽培しています。

栽培地域について

秋田県仙北市は、秋田県の内陸に位置する、自然豊かで風光明媚なまちです。美しい花々や数々の湯煙、風情のある街並みなど、四季折々に魅力あふれる観光都市となってます。岩手県境の奥羽山脈から流れ出る清い水が大地を潤し、素晴らしい農産物を育んでいます。神代地区は、山々に囲まれた水田や水辺の風景など、昔ながらの姿を残した貴重な農村地帯にあります。

生産者

神代じゃんご米あきたこまちを栽培しているのは、「JA秋田おばこ神代有機米生産研究会」です。30年以上前から田んぼに堆肥を入れ、土作りをしてきました。農薬・化学肥料を地域慣行栽培の半分以下で栽培し、一部会員は無農薬・無化学肥料栽培にも取り組むなど、あきたこまちのデビューと共に地域の豊かな環境と土を守り、良食味米の探求をしています。

品種の系譜と栽培特性

「あきたこまち」は、1975年に福井県農業試験場でコシヒカリと奥羽292号を掛け合わせて作られたF1(雑種一代)品種をもとに開発が行われ、1982年、秋田県農業試験場によって「秋田31号」として誕生しました。

コシヒカリの血を受け継ぐ良食味米と「小野小町」にちなんだネーミングの良さと、良食味品種を目指したため、誕生以降、消費者に強い支持を得続けています。

早晩生は“早生の晩”で、玄米の色沢、光沢、整粒よく良質。草型は“偏穂数型”。耐倒伏性は“中”。いもち病ほ場抵抗性は葉いもち、穂いもちともに“やや弱”。耐冷性は“中”である。"

jangomai-genealogy

ご購入いただける店舗

「千葉トップブランド八起会」様

  • (有)まきの
    〒273-0035
    千葉県船橋市本中山3-1-5
    電話 047-334-1915
    ホームページ
    http://ohkome.net/

  • (有)高橋商店
    〒279-0001
    千葉県浦安市当代島2-7-36
    電話 047-351-3026

  • (有)うすくら
    〒273-0005
    千葉県船橋市本町1-14-2
    電話 047-431-3769

  • 希光商店
    〒285-0854
    千葉県佐倉市上座650
    電話 043-461-6633

  • (有)萬平商店
    〒263-0034
    千葉県千葉市稲毛区稲毛2-3-11
    電話 043-243-9305
    ホームページ
    http://www.manpei-syouten.com/

  • (有)伊藤精米所
    〒260-0851
    千葉県千葉市中央区矢作町13
    電話 043-222-3032

  • (有)今筒商店
    〒290-0023
    千葉県市原市惣社3-9-8
    電話 0436-21-0618

  • 鴻崎 豊商店
    〒260-0822
    千葉県千葉市中央区蘇我待町3-24-5
    電話 043-261-3852

  • (有)斎藤精米所
    〒289-1141
    千葉県八街市富山47
    電話 043-443-2303

  • (有)清水屋商店
    〒273-0003
    千葉県船橋市宮本5-1-5
    電話 047-422-0827

  • 古川商店
    〒260-0841
    千葉県千葉市中央区白旗2-3-12
    電話 043-261-0852

「静岡ゆうき会」様

  • 大瀧米店
    〒424-0926
    静岡県静岡市清水区村松1-3-71
    電話 054-334-3209

  • (有)三浦商店
    〒422-8065
    静岡県静岡市駿河宮本町4-5
    電話 054-285-6271
    ホームページ
    http://www.okomenomiura.com/

  • 片山米店
    〒420-0075
    静岡県静岡市葵区五番町6-3
    電話 054-255-5849
    ホームページ
    http://www.katayama-kometen.com/

  • (有)おだまき米店
    〒420-0812
    静岡県静岡市葵区古庄3-18-20
    電話 054-261-0477

  • おこめのさとう
    〒424-0886
    静岡県静岡市清水区草薙3-3-19
    電話 054-346-8468

  • 新村精米
    〒425-0022
    静岡県焼津市本町5丁目8-20
    電話 054-628-4222

その他店舗様

スズノブ
〒152-0031
東京都目黒区中根2-1-15
電話 03-3717-5059
ホームページ
http://www.suzunobu.com/

ブランド米シート

名称 名称 神代じゃんご米
環境

産地

秋田県
地域 仙北市(田沢湖神代地区)
品種 あきたこまち
技術 栽培 減化学肥料(5割減)、地元産堆肥投入
安全 減農薬栽培(5割減、10成分以内)
種子更新 必須。100%
施肥基準 1,000kg/10a以上の堆肥施用3年目以降の圃場で、毎年500kg/10a以上堆肥施用し、指定肥料での栽培。
品質向上技術 神代じゃんご米栽培暦の利用と栽培講習会の参加必須
選別品質
目標値
網目 1.9mm
色選 あり
食味値 玄米値78以上(ケットAN820)、精米値80以上
タンパク 6.0%以下(ケットAN820)
千粒重 25.0g
整粒歩合 80%以上
PR面 特徴
  • 全量種子更新で温湯消毒種子を使用。
  • 地元産堆肥を投入。
  • 1次枝梗依存型。
  • 極端な早植えを避け、適期田植えを厳守。
  • 中干しは6月末までに終わらせる。
  • 指定された農薬10成分以内での栽培。
  • 早期落水防止による登熟向上。
  • 適期刈取りの実施。

フェイスブックページリンク