しいたけ

 椎茸は、中国漢方でも昔から使われており、栄養豊富な食物です。肥満・高血圧・糖尿病・動脈硬化等の成人病を予防し、さらにはレンチナンを多く含むため、ガン細胞の増殖を防ぐのに効果があるといわれています。管内でも太田・千畑地区などの東部を中心に各地で栽培が盛んに行われています。
※レンチナンとは、椎茸を熱水抽出液から得た6種の多糖中の一成分であり、既に抗腫瘍性多糖として、日本では医薬品として実際に認可されています。

JA秋田おばこ しいたけ部会 部会長 高橋 秀嗣 image28

現在JA秋田おばこでは、冬季の園芸作物として菌床椎茸が注目されています。また、作業の効率化と収量増加を図るため、上面栽培に取り組んでいます。原木椎茸栽培農家は、『こだわり原木椎茸』ということで取組んでいます。当部会では、栽培技術の高位平準化と流通及び市場対応を的確に把握し、消費動向に対応できる販売戦略を図っています。

活動

  • 部会員の生産拡大及び新規部会員の推進と育成
  • アドバイザリースタッフの設置による原木・菌床椎茸の指導体制強化
  • 研修会、圃場巡回等による栽培技術の向上
  • 実績検討会の実施
  • 目揃会による出荷規格、荷姿の統一
  • 市場調査の実施による有利販売推進
  • 長期販売体制の確立による市場との連携強化

作型・栽培概要

image25

image26